おっさんフライフィッシングにハマる

最近はフライフィッシングばかりじゃないです

20180520碧南海釣り広場

碧南火力発電所近くの海釣り広場で小サバなどが釣れているそうなので、行ってきました。

本当は夜明け前に起きて行く予定だったのですが、起きたら5時を回っていました。

準備して海釣り広場に到着するとすごい人だらけ。車を停める場所もないぐらいです。

当然温水排水溝のところには入れるスペースはありません。しょうがないので一番半田寄りのスペースで竿を出します。

当日持って行ったのは磯竿ホリデーイソ3-450PTSと投げ竿ホリデーショートスピン305HX-Tの二本。

 

今まで、サビキ釣りは何度もやった事があるのですが、ちょい投げは初挑戦です。

磯竿にはママカリサビキ、投げ竿の方にはハヤブサ簡単投げ釣りセットを付けました。

碧南海釣り広場ではやはりママカリサビキが間違いないです。

安くて大抵の釣具屋さんに置いてあります。今回は5号針を付けました

エサは石ゴカイを準備。ゴカイを触るのは子供の時以来です。

 

サビキの方はカゴを付けずに15号のオモリのみです。

温排水周りではコマセを撒かなくてもサッパなどが結構釣れたりしていたのですが、奥の方ではどうなんでしょう…

ちなみに磯竿は遠投モデルですが、サビキを目の前に落とすだけでほとんど投げていません。

 

しばらくすると磯竿の方がグイグイ引き込まれていきます。

竿を上げてみると20センチぐらいの子サバが2連で掛かってきました。

6時半をまわった辺りから10センチから20センチぐらいの小サバが入れ食い状態です。

ほんと、サビキを投入してすぐに上げると魚が掛かっているぐらいです。

小さい魚は海に逃しますが、それでも小一時間ほどで30匹ぐらいの小サバが確保できました。

時折投げ竿の方を上げてみますが、こちらは5センチぐらいのハゼや小さなカレイが釣れたり、たまにサバが掛かるぐらいです。

 

7時半あたりでだんだん釣れなくなってきたので、撤収。

さっそく家で小サバをおろして唐揚げにしておいしくいただきました。

 

<