読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイナキングってどうなの?

タイイングをする時に欠かせない道具の一つに、バイスがあります。
フライフィッシングを初めて、最初に買ったバイスがTMCソリッドバイスHDだったのですが、ロータリーバイスを使用してみたいという思いもあり、一年ほど前にダイナキングのバラクーダを購入しました。
ネット上のレビューを見ても挟んだフックが全くズレないなど大絶賛のバラクーダですが、少し疑問に感じたのでちょっと感想を書いてみたいと思います。

私がバラクーダを使って初めてタイイングをした時、いつものソリッドバイスと同じような感覚でフックを挟んだのですが、スレッドにテンションを掛けたとたんフックがカクッとズレてしまいました。

 f:id:sushi1:20170115160933j:plain

その時使っていたフックは#10のウェット用の太軸で、先端の平らな部分で挟んでいました。

 

かなりギチギチに挟んでもやはりテンションを掛けるとフックがズレてしまいます。

ダイナキングのバイスのジョーには溝が切ってあり大きめのフックはそこに挟む事によりフックがズレないようになっているのですが、#10のフックでは溝に挟むことができません。
いろいろ試して、テンションを掛けてもズレないポイントをおおよそですが見つけれましたが、それでも少し掴むポイントがずれるとすぐフックが動いてしまいます。
バラクーダのジョーとTMCソリッドバイスのジョーを比べると、ソリッドバイスの方が先端が薄い造りをしています。

f:id:sushi1:20170115161044j:plainf:id:sushi1:20170115161052j:plain

その為、ソリッドバイスでフックを掴むと程よくたわんでティムコの言う所の『フックを「柔らかい力」でしっかりとホールド』に繋がっているのかもしれません。
実際、ソリッドバイスで#10のフックを掴んで指でテンションを掛けてもフックの方が曲がってしまい,ズレる様子がありません。

f:id:sushi1:20170115160847j:plain
バラクーダの方はジョーに剛性がある為、径の太いウェット用のフックを先端部で掴むとたわまずに点当りになってしまう様な印象です。
ドライ用の細軸のフックならバラクーダでもガッチリと掴む事が出来ますし、#8以上のフックならジョーの溝を使ってガッチリ掴む事が出来ます。
しかしながら、#12~#10のウェット用フックになると、どうもしっかり掴めません。
新品を購入したので、ジョーのヘタリは無いはずですし、偶々私の購入したバイスがハズレだったのかもしれませんが・・・
試しに、ジョーを交換してみるともしかして掴める様になるかもしれませんが、ジョーだけでも結構するんですよね(ノД`)
バラクーダ自体は製品の造りも素晴らしく気に入っているのですが、しばらくはソリッドバイスと両刀遣いになりそうです。
しかしこうなると、ちょっとTMCバイス2が気になってしまいますね。

 

  

 

20170105天竜川ルアーフライエリア

天竜川ルアーフライエリアに行ってきました。

中島に到着して準備をしていると、漁協のおっさんが見回りに来ました。

最近の様子を聞いてみると「たぶん釣れないと思うよ」と一言。

おいおい(T_T)

先行者はフライマンが右岸側に一人、ルアーマンが左岸側に一人。

しばらく上から様子を見てみても、あまり魚の気配はありません。

まぁ、あまり見ていてもしょうが無いので、川に降ります。

水は相変わらず薄濁り、流れはあまり強くありません。

とりあえず重めのウェットフライ沈めてみても流れが弱いためか根掛かり連発・・・

モタモタしてといつの間にか、両岸とも20mほどの間隔で釣り人が並んでいます。

だいたいルアー・フライが半々ぐらい。

対岸ではフライマンがツーハンドロッドをブンブン振り回しています。

アタリだと合わせてみたら対岸のルアーマンの投げたスプーンだったり、どうもいまいちパッとしません。

周りを見回しても魚を掛けた様子は無く、そのままタイムオーバー。

とぼとぼ帰宅。

帰りに行きつけのフライショップへ寄り、天竜川に行ったと話すと、「最近はあまり良くないみたいだよ」と・・・

しかし、なかなか良さげな爆釣ポイントの話も聞けたので良かったです。