読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20170501宮川本流

宮川本流に行ってきました。

道の駅に到着するとゴールデンウィークだからなのかキャンピングカーなどがいっぱい止まっています。

前回は道の駅の前に入りましたが、今回は桜野公園前に入ります。

しばらく流していると雨がぱらついてきたので、上がってお世話になっているフライショップにLINEをすると、下流に行った方が良いよと返信が・・・

さっそく下流の打保方面に向かいます。

しかし、到着したとたん雨が土砂降りになり、落雷も始まりました。

どうしたものかとまた相談すると、しばらく待つと雨上がるからその後がチャンスだと返信が。

その後、雨が小降りになってきたので入川。

瀬を流している時にピックアップしようとラインを回収しているとなんかピチピチ跳びはねる物が・・・

メザシサイズのちっこいのが釣れてしまいました。

f:id:sushi1:20170502133322j:plain

約束があった為、3時ぐらいに撤収しようと車に戻り、車に置きっ放しにしてあったスマホを確認するとLINEに着信マークが・・・

ラインをあまり沈めないように、水があまり濁らなかったらフライをナチュラル系に変えてみてとフライショップより連絡が入っていました。

がっつり沈めていました(T_T)

帰りにショップに寄って話を聞くと、他の常連さんも宮川に行っていたのですがシンクティップを軽い物に変えてすぐに結構良いサイズが釣れたと報告があったそうです。

とりあえずボウズでは無かったものの、悔やまれる結果となってしまいました。

もうちょっと早くLINEに気づけば爆釣だったかもしれないのに・・・

20170429矢作川

そろそろ鮎の遡上がはじまるので、それを追って上がって来るシーバス&サツキマスを狙いに、矢作川に行ってきました。

ポイントに到着すると、ルアーマンの先行者が上がってくる所でした。

40クラスのシーバスが釣れたみたいです。サツキっぱいのをバラしたとも言っていました。

堰堤付近をちょっと覗いてみますが、鮎が見えません。まだ遡上が始まっていないのかな?

さっそく、中州に立ち込んで鮎を模したチューブフライをキャスティング。

しかし、反応はありません。

一緒に行った人が一匹掛けましたが、残念ながらバレてしまいました。

そこでちょっと場所移動、橋一本分下流に下ります。

しかし、そこでも反応なし。

お昼前に、終了となりました。

どうやら例年より水が冷たいため、鮎の遡上が遅れている様子。

大潮や一雨降ったりして水が動くと、シーバスが上がってくるそうです。

GW中にもう一回チャンスがあるかな?

 

20170330宮川本流

3月30日に有休を取って岐阜県高山の宮川本流に行ってきました。

ほぼ一ヶ月ぶりの釣りです。

家を深夜12時に出発し、道の駅アルプ飛騨古川に3時過ぎに到着、近くのコンビニで日券を購入し仮眠を取ります。

6時ごろ起きごそごそと支度、さっそく道の駅裏側に入ります。

水温は6.5度、水はとてもクリヤーです。

 天気予報では、とても暖かくなるようで最高気温は15度近くまで上がるようです。

水面を見てみると小さな虫がかなり流れています。

が、とりあえずチューブフライを結んでキャスティング。

レーンを一通り流してみますがアタリが有りません。

シンクティップを重い物に変えて、同じレーンを流してみます。

一度アタリがありましたが、すぐにバラし・・・

フライを確認すると、フックの先端が折れてました。

その後も、アタリも無く昼過ぎに終了。

片付けを始めロッドをばらそうとしたところ、継ぎ目が外れません。

しかも二カ所も・・・

かなり焦りましたが、たまたま車にころがっていたロッドベルトを巻いて滑り止めにし引っ張ってなんとか外す事が出来ました。

帰りにさっそく釣具店に寄ってフェルールワックスを購入。

帰宅後、持っている全部のロッドのフェルールに塗っておきました。

このフェルールワックス、塗っておけばキャスティング中のロッドのすっぽ抜けや継ぎ目が抜けなくなるのを予防してくれるなどなかなかの優れもの。

ロウソクとかでも代用できるかと思いますが、ロウソクよりは柔らかめでフェルールの隙間をしっかりと埋めてくれます。

安価ですしちょっと塗るだけで相当長持ちするので、釣りをする人なら一本ぐらい持ってても良いと思います。

ももっと早く買っておけば良かったです。

 

20170228常滑シーバス

地元のフライショップのオーナー、常連さん3人と私で、常滑にシーバスを狙いに行きました。

今日は大潮なのでそろそろバチが発生しているかも、という事で釣れ釣れな予感でいっぱいです。

7時過ぎに常滑の漁港に到着、さっそくバチを確認してみます。

海面をライトで照らしてシラスウナギを捕っているおっちゃんがいたので、横から覗いてみると、結構長いバチが数匹見えます。

本当なら、バチがボール状に固まって、そこにシーバスがボイルしているはずが、どうやらまだ少し早いようです。

所々でボイルもあったのですが、すぐに時合が終了。

結局、常連さん一人がセイゴクラスを一匹釣っただけで終わってしまいました。

「次の大潮は期待できるよ」とオーナーは言っていたのですが、残念ながら行けそうにありません。

今日もまたボウズです。

「簡単おまつりほどき」ってどうなの?

フライフィッシングをしているとウィンドノットが出来てしまいますよね?

「ウィンドノット」っていうのはフォルスキャストなどの時に、空中でティペットなどが絡まって途中で結び目が出来てしまう事。

エキスパートはそんな事無いのでしょうけど、万年初心者の私はしょっちゅうやってしまいます。

気付くたびに結び目を解いたりしているのですが、固くしまった時や手がかじかんでいる時などは解けなくてイライラします。

そこで、釣具屋で見かけた「簡単おまつりほどき」を買ってきました。

f:id:sushi1:20170219164054j:plain

こんな感じで本体の穴にピンオンリールを付けてバックなどにぶらさげています。

レバーをスライドさせると先端からニードルが出てきます。

f:id:sushi1:20170219164238j:plain

f:id:sushi1:20170219164222j:plain

クリップを押すとニードルが引っ込んで安全に持ち運ぶ事が出来ます。

バネが結構強いので、バックやポケットの中などで勝手にニードルが出てくる事は無いと思います。

f:id:sushi1:20170219164641j:plain

ニードルが太いので結び目の輪を大きく広げられます。

こればあれば、ウィンドノットも簡単になおす事ができ、釣り場でのイライラも解消できます。

 

20170217榎戸漁港&鬼崎漁港

メバルを狙いに榎戸漁港と鬼崎漁港に行ってきました。

まずは榎戸漁港に夜中の11時に到着。

海面を覗いてみますが、小潮の為、まだバチはいないみたいです。

とりあえず、クレイジーチャーリーを結んでキャスティング。

常夜灯の下で釣り始めますが、ボイル等も無く魚の気配がありません。

潮が止まる前に、さっさと隣の鬼崎漁港へ移動します。

こちらの漁港は時折、ボイルらしき物もあり先程より魚がいそうな雰囲気です。

ここでもまずはクレイジーチャーリー、それから蓄光ビーズゾンカーフライなどを結んでみました。

しかし、アタリらしいのはあるもののフッキングには至りません。

3時を過ぎ潮も止まってしまった為、ここでタイムアップ。

結局、今日も魚の顔を拝む事は出来ませんでした・・・

 

 

RBB タイタニュームグローブ3Cってどうなの?

寒い中、少しでも快適にフライフィッシングを楽しむ為に、防寒グローブを購入しました。

 私が買ったのは、RBBタイタニュームグローブの3本指出しタイプの物です。

最初はフライフィッシング用の物を探していたのですが、たまたま近所の釣具屋に行った所、セールで安くなっていたので早速お買い上げ。

フォックスファイヤー等から出ている物は手の甲だけを保護するものだったりするのですが、このグローブは親指、人差し指、中指の先端が出ているだけなので、暖かさではこちらの方が上じゃないでしょうか。

指をきちんと覆ってくれるので、ストリッピングガードの代わりにもなります。

テクスチャドラインなどはラインの表面がザラザラしている為、ストリーマーなどを引っ張っているとすぐにボロボロになってしまうかと心配していましたが、何回か使用した感じでは全然問題ないようでした。

ベルクロテープで手首を固定するタイプだと,そこにラインが引っかかってイライラする事もありますが、余計な物も付いていないシンプルなタイプなので取り回しも良好です。

サイズがS/M/L/LLあるようなので、買う時は実店舗で試着してから購入することをおすすめします。

ちなみに私は身長175cm体重75kg手囲い25cmでLサイズを購入しました。