おっさんフライフィッシングにハマる

最近はフライフィッシングばかりじゃないです

20180520碧南海釣り広場

碧南火力発電所近くの海釣り広場で小サバなどが釣れているそうなので、行ってきました。

本当は夜明け前に起きて行く予定だったのですが、起きたら5時を回っていました。

準備して海釣り広場に到着するとすごい人だらけ。車を停める場所もないぐらいです。

当然温水排水溝のところには入れるスペースはありません。しょうがないので一番半田寄りのスペースで竿を出します。

当日持って行ったのは磯竿ホリデーイソ3-450PTSと投げ竿ホリデーショートスピン305HX-Tの二本。

 

今まで、サビキ釣りは何度もやった事があるのですが、ちょい投げは初挑戦です。

磯竿にはママカリサビキ、投げ竿の方にはハヤブサ簡単投げ釣りセットを付けました。

碧南海釣り広場ではやはりママカリサビキが間違いないです。

安くて大抵の釣具屋さんに置いてあります。今回は5号針を付けました

エサは石ゴカイを準備。ゴカイを触るのは子供の時以来です。

 

サビキの方はカゴを付けずに15号のオモリのみです。

温排水周りではコマセを撒かなくてもサッパなどが結構釣れたりしていたのですが、奥の方ではどうなんでしょう…

ちなみに磯竿は遠投モデルですが、サビキを目の前に落とすだけでほとんど投げていません。

 

しばらくすると磯竿の方がグイグイ引き込まれていきます。

竿を上げてみると20センチぐらいの子サバが2連で掛かってきました。

6時半をまわった辺りから10センチから20センチぐらいの小サバが入れ食い状態です。

ほんと、サビキを投入してすぐに上げると魚が掛かっているぐらいです。

小さい魚は海に逃しますが、それでも小一時間ほどで30匹ぐらいの小サバが確保できました。

時折投げ竿の方を上げてみますが、こちらは5センチぐらいのハゼや小さなカレイが釣れたり、たまにサバが掛かるぐらいです。

 

7時半あたりでだんだん釣れなくなってきたので、撤収。

さっそく家で小サバをおろして唐揚げにしておいしくいただきました。

 

<

20180502浜名湖シーバス

浜名湖でシーバスが結構釣れているという話を聞いて、早速行ってきました。

今回一緒に行ったティールの常連さんがボートの免許を持っていたので、5時半に村櫛フィッシング沖さんに集合。事前に聞いていた話では水路沿いにシーバスがイワシにボイルしているのでそこに投げれば爆釣間違いないとの事だったので、速攻で向かいました。

当日、浜名湖は8時ぐらいに満潮だったのでしばらく粘ってみたのですが、残念ながらボイルする様子は無し・・・

仕方ないので航路に沿ってキャストしているとガツンと当たりが有ったのですが、残念ながらフッキングには至らず・・・

しばらく当たりもなかったので、浅瀬に移動してウェーディングすることに。

潮が動き始めてきたので、フライを投げますが、そこでも残念ながら当たりが一回あったのみ。

1時を過ぎて雨が降り始めてきたので、そこでタイムアウト

ルアーだったら手当たり次第に投げれば行けたかもしれないですが、フライだとちょっと厳しかったです。

実際同じぐらいに上がってきたルアーマンに話を聞くとシーバスやマゴチが何匹か釣れていたようです。

20180331宮川本流

ようやく今年に入って初めての宮川本流に行ってきました。

ここしばらく本業の方が忙しかった為、無理矢理有休を取っての釣行です。

ここ最近は飛騨方面も大分暖かいとの話でしたが、当日はかなり肌寒かったです。

あとで確認すると前日まで最高気温が20度超えていたのにその日だけ最高気温14度までしか上がらなかったようです。

風も強くキャストするのもなかなか大変でした。

 

朝9時過ぎに宮川に到着して、最初は四十八滝橋の下からスタート。

ここではレインボーを一匹バラしてしまいました。何度かアタリはあったものの乗せる事ができず場所移動をすることに・・・

11時ぐらいに老人ホーム前などに移動して15時ぐらいまで釣りをしましたが、昼からはサッパリ。

気温があまり上がらなかったためか魚の活性が低いようでした。

ヒゲナガもハッチしているかもという話だったのですが、やはり水温が低かったのかハッチする様子も無く・・・

 

久々の遠征だったのですが残念な釣行になってしまいました。

 

 

 

 

 

MAZUME レッドムーンジャケット

サーフや河口でウェーディングして釣りをするのにライフジャケットが欲しいなーと思って少し情報を集めていました。

候補に上がったのは、シマノ・XEFOショートゲームベストMAZUME・レッドムーンジャケットVRBB・ウェイディングベストリミテッドIVパズデザイン・アルティメットV-3

 結局買ったのはMAZUME・レッドムーンジャケットVのカモフラ。

f:id:sushi1:20180305144913j:plain

決め手はマタヒモが要らないってところですかね。

実は試着して一番体にしっくりきたのはパズデザインだったのですが、車移動する時にマタヒモがあるといちいち脱ぎ着する時に手間がかかるなぁって事で・・・

シマノも良かったのですが、ウェーダーがダイワの為、今回は止めときました。


オプションのポーチもMAZUMEで揃えてみました。

D管は全部で4カ所。右胸に1カ所、左胸に2カ所。後、背中に大型のものが一カ所付いています。

f:id:sushi1:20180305145910j:plain
f:id:sushi1:20180305145938j:plain
f:id:sushi1:20180305145948j:plain

 ポケットはメイホウの3010シリーズが入るものが前側に2カ所

 右胸側にルアーを引っ掛けれるようにプラのケースが付いています。一応ベルクロで外せるようになっているので薄型のケースなら入りそうです。

f:id:sushi1:20180305151811j:plain

左胸側に小物入れポケットが3つ、背中に大型ポケットが付いています。

f:id:sushi1:20180305151935j:plain
f:id:sushi1:20180305152009j:plain


小物入れはリーダーなど入れとくのに便利そうです。

背中のポケットは、案外マチが薄い為、レインジャケットを入れたりするのはちょっときつそうです。

私は、大きめのケースとナイフやジグサビキなどを入れてあります。

腰の右側にプライヤーケース、左側にドリンクホルダーが付いています。

f:id:sushi1:20180305152641j:plain
f:id:sushi1:20180305152647j:plain

どちらも少し堅めの素材で、変形しにくく結構使いやすいです。落下防止のストラップも付いています。

後、使っていて地味に便利なのがリリーングサポートシステムって言うやつ。

単にポケットのマチが大きい為、肘が乗っけれるってだけなんだけど、バイブレーションやシンペンをただ巻きする時などは非常に手が楽チンです。

ただ、ポケットの厚みがあるお陰で足元が見辛く、磯などだとちょっと注意が必要です。

磯釣りメインの人は同じレッドムーンジャケットでも磯モデルか別のメーカーのもので前ポケットが薄めのものがいいかと思います。

マズメのサイトには書いてないのですが、背中側と前部のフローティングは抜き取れるようになっているので、洗う事も出来そうです。(自己責任ですが)

2~3年ほどで浮力が落ち始めるらしいので別売りで交換とか出来ればいいのですが、そこら辺の情報も書いてなかったです。

釣具屋などで取り寄せとか出来るのかな?

 

 

バチフライを巻いてみた

ようやく衣浦港周辺でもバチの発生が確認できる様になりました。

そこでバチシーズンに使える、バチフライを巻いてみました。

使うマテリアル類はこちら。

マイクロシャンク

フック(今回はバリバスの2600ST-Vを使用)

ゾンカーテープ(幅2mmぐらい)

UVポーラシェニール

10号のナイロンライン

ソルトフライ用のスレッド

フライフォーム(幅5mmぐらい)

 

f:id:sushi1:20180217164232j:plain

はい、出来ました。机の上が汚いですね。

f:id:sushi1:20180217164408j:plain

ポーラシェニールをカットして完成です。

f:id:sushi1:20180217164455j:plain

いろんなカラーを作っておくと幸せになります。

アシストフックを自作しよう

先週の土曜日も、サーフに行ってきました。

で、いつものごとくボウズだったのですが、帰り道に寄った釣具屋さんで聞いたところ、船からは連れってるって聞くけど、ショアからはあんまり聞かないね〜とのこと・・・

釣れたとしてもほとんど偶然にじゃないかなと言っていました。

たしかに、今回堀切海岸に行ったのですが何人か釣り人はいるものの釣れた様子は無し。ベイトも接岸していないようでした。もう少し水温が上がらないとダメなのかな?

 

で、その釣具屋さんでいろいろ物色していた所、メタルジグのアシストフックが目にとまりこれなら自分でも作れるなーと思い、いろいろ買ってきました。

f:id:sushi1:20180213053633j:plain

買ってきたのは、

カルティバ ジガーライト 早掛 2/0 

カルティバ ジガーライト シワリ 2/0

カルティバ ソリッドリング 4mm

よつあみ(YGK) ガリス ウルトラノット 15号 5m

よつあみ(YGK) 柄付ニードルII小

OWNER 熱収縮チューブ赤 3mm

f:id:sushi1:20180213053729j:plain

後、家にあったソルトフライを巻く用のビーバスのパワースレッドとスレッダー、瞬間接着剤などを用意、ウィープフィニッシャーは無くても大丈夫です。後はバイスがあると便利です。

f:id:sushi1:20180213055925j:plain

まず、アシストラインを10cmぐらい切り出して中の芯を抜き取ります。

f:id:sushi1:20180213055938j:plain

柄付きニードルをアシストラインの端から中に入れ、真ん中あたりから貫通させます。

f:id:sushi1:20180213055950j:plain

ニードルを差し込んだ反対側からソリッドリングを通します。

f:id:sushi1:20180213060005j:plain

柄付きニードルのフックにアシストラインを引っ掛けます。

f:id:sushi1:20180213060031j:plain

そのまま柄付きニードルを抜き取ります。

フック部分が少し抜き取りにくいですが、ゆっくり左右に回しながら抜いていきます。

f:id:sushi1:20180213060043j:plain

最後まで抜いてアシストラインで作った輪でソリッドリングを引き絞ります。

f:id:sushi1:20180213060055j:plain

今回はツインフックにするので、同じことをもう一度行います。

f:id:sushi1:20180213060104j:plain

 アシストライン が二本付きました。

長さが違うのは段差フックにするためです。

f:id:sushi1:20180213060113j:plain

アシストライン にフックを通してバイスに挟みます。おや、このバイス例のバイスですね。

カエシが大きくなかなか通すのが大変ですが、少しずつ回しながらやるといいです。くれぐれも指を刺さないように気をつけてください。

f:id:sushi1:20180213060130j:plain

アシストライン とフックをスレッドで固定します。最後はウィープフィニッシュでもハーフヒッチでもお好きな方で。

f:id:sushi1:20180213060139j:plain

スレッドの上から瞬間接着剤を塗ります。

ハケ付きの方がやりやすいと思います。

f:id:sushi1:20180213060151j:plain

熱収縮チューブを切ってフックに通します。

巻いたスレッドに被せたら、ドライヤーで温めてチューブを収縮させます。

でも実際はドライヤーがヘボいせいか収縮チューブが全然縮まらず最後はライターでサッと炙りました。アシストラインに熱を加えると強度が低下するそうなので注意です。

f:id:sushi1:20180213060252j:plain

もう片方のフックを反対に向くように取り付けて完成です。二個目のフックはアシストライン に刺す方を間違えるとフックの向きが揃ってしまうので気をつけてください。私は一度間違えて、ラインをカットしました。

初めてやりましたが、それなりに上手いことできました。

自作したフックで釣れるといいなー。

20180202伊良湖サーフ

伊良湖のサーフにヒラメを狙いに行ってきました。

今回はフライフィッシングでは無く、メタルジグを使ったショアジギングです。

YouTubeの「釣りよかでしょう」に最近はまってまして、そこでショアジギングで青物を釣っていて自分もやってみたいと思いタックルを揃えました。

ちなみに買ったのはコルトスナイパーS1000MHとアルテグラ4000XGと40gのメタルジグ3つほど。

それから、お守りとしてジグサビキを購入。

コルトスナイパーは近くの天狗堂に行ったらほぼ未使用品が中古コーナーに置いてあったので、非常にお安くゲット出来ましたヽ(´▽`)/

ただ少し調べてみた所、伊良湖での青物のシーズンは終わっていて、今はサーフでヒラメが狙えるらしいとの事。

最初は堀切海岸に行こうと思って出発したのですが、どうやら釣っていたのは隣の日出の門という所。

間違えて行った場所ですが、舗装された公共駐車場もありトイレも自販機あります。

夜明け前の5時半に到着してさっそく釣りを始めます。平日なのかサーフには誰もいませんね。

当日は雪の予報だったのですが、雨が少しぱらぱらしたぐらいです。

ですが、少し波が高く立ち込んでウェーディングをしていると少々危なっかしいです・・・

f:id:sushi1:20180204062712j:plain

ショアジギングですと100mぐらいキャスト出来る聞いていたんですが、どう考えてもそこまで飛んでいない。リールの巻き数でとりあえず計ってみたのですがざっくりで60m~70mぐらい・・・

帰ってきてから調べてみるとどうやらロングキャストする為には、ペンデュラムキャストというのをしなくてはいけないようです。昔のバスフィッシングの時やっていたような手投げではだめみたいですね。

ひたすら投げ続けましたが当たりもなかったので情報を仕入れるため、渥美半島で評判のいいヒグチ釣り具へ行くことに。

迷いながら車を走らせると、予想外の店構え。どうやら店の半分は洋品店になっているみたいです。

少々ビックリしながら中に入ると、店員さんも誰もいません。

中に声を掛けても何の反応もないため、諦めて伊良湖港に行くことに・・・

到着後早速赤灯台のある堤防へ。ここも誰もいません。シーズン中は大混雑するらしいのですがサビキ釣りをしている人すらいない状態。

平日はこんなもんなんでしょうか?

それともあまりにも何も釣れていないため、誰もいなくなってしまったのでしょうか?

堤防横の砂浜になっているところに降りて頑張ってみましたが、アタリすらありません。

最後はジグサビキを付けて投げてみましたが魚の反応すら無く昼に終了(ノД`)

帰りにミックという釣具屋さんに行ったらすごく釣れるという噂の「かっ飛び棒」が置いてあったので2つゲット

そして一色のさかな広場へ寄ってお土産を買う事に・・・

ヒラメも置いてあったのですが、30cmぐらいのが4000円もしたので流石に買えず、ツバスを購入。出費の多い釣行になってしまいました・・・