おっさんフライフィッシングにハマる

最近はフライフィッシングばかりじゃないです

ダイワ ヒップバック(C)

f:id:sushi1:20190213041120j:plain

アジング・メバリングのランガンをするのに手頃なバックがないかなっと釣具屋さんに行った所、丁度良さげなバックを見つけたので買ってきました。

それがダイワのヒップバック(C)

メインルームにはメイホウの3020サイズのケースが丁度収まるようになっています。

しかし、私はケースをライフジャケットに入るように3010サイズで統一している為、少し隙間が空きます。

f:id:sushi1:20190213041232j:plain

そこで、ガルプ用のメイホウVS-L415やらワームのパックを隙間に入れています。

f:id:sushi1:20190213041245j:plain

ダイワからは私が買ったのより一回り小さいヒップバックLT(C)も出ていますが、3010サイズのケースがピッタリすぎて余計なものが入らないので、これで良かったのかなと思います。

プライヤーホルダーやロッドホルダー、ペットボトルホルダーも付いており流石は釣具メーカーが作っただけはあります。

Dカンやデイジーチェーンも付いていて、カナビラでいろいろな物をぶら下げられるようになっています

f:id:sushi1:20190213041351j:plainf:id:sushi1:20190213041402j:plain

開口部はパイピングされていて型崩れしにくいようになっています。

おかげで、ジッパーが片手でスムーズに開け閉め出来ます。

ポケットも付いていて、リーダーやハサミ、スマホなどの小物類を入れるのに便利です。

f:id:sushi1:20190213041503j:plainf:id:sushi1:20190213041514j:plain

このバックがあれば、荷物が一つにまとめられいつでも釣りに行けるので、非常に便利です。

20190126武豊緑地

ジャッカルのBRSライトゲームモデルを購入しました。

早く使いたくて暴風の中、武豊緑地までメバルを狙って出撃。見事に撃沈してきました。

今回、購入したBRSライトゲームモデルはアジングやメバリングに特化したのではなく、ライトゲーム全般に使える汎用性の高いモデルになります。

BRS-S64ULとBRS-68UL+の2種類があるのですが、より汎用性の高そうなBRS-68UL+にしました。

グリップはこんな感じ。本体は黒、文字は白抜きでシンプルでとてもかっこいい。ロッド自体も黒一色で余計な装飾のないシンプルなデザインになっています。

f:id:sushi1:20190127151400j:plain

ロッド先端はガイドがグロースレッドになっていて、夜でも視認性が高くなっているそうですが・・・

f:id:sushi1:20190127151607j:plain

ぶっちゃけ、他のロッドのように塗装を白くした方が良かったかも。見た目はかっこいいんですけどね。

さて、さっそくキャストしてみますが、この日は爆風で1.5gのジグヘッドのみでは、まっすぐ投げたつもりでも、真横に飛んでいく有様。

そこで、飛ばし浮きをセット。

使ったのはシマノソアレ・アウトシュート

ラインを切らずにセッティングできる為、非常に便利です。

飛ばし浮きを付けたおかげで、とりあえずキャスト出来るようになりましたが、魚は一向に釣れません。

しかも、防寒グローブを忘れてきてしまったので、手が冷たくて心が折れてきそうです。

日も上がってきてしまったので、終了する事に。

せっかく、ライトゲーム用のタックルを揃えたので、またいろんなところでメバルやアジを狙って行きたいと思います。

シマノ スパシザーを買ってみた

近所の釣具屋に行ったら、以前より気になっていたアイテムがあったのでゲットしてきました。

それがこのシマノから出ているスパシザー

f:id:sushi1:20190117220007j:image

以前別の釣具屋に行った時に、展示品が置いてあったので試したらあまりにPEラインがスパスパ切れて感動したのですが、その時は品切れで買えませんでした。

それからずっと気になっていたのですが、ようやく買うことができました。

先端が丸いものと尖っているものと2種類あるのですが、今回は2種類とも購入してみました。

パッケージを開けるとこんな感じ。

f:id:sushi1:20190117220228j:image

先端が丸い方にはグリップに紐を結べるように穴が開いています。

尖っている方には何も付いていません。

先端を拡大すると

f:id:sushi1:20190117220451j:image

刃の拡大するとこんな感じ。

f:id:sushi1:20190117220629j:image

ギザギザの歯になってPEラインが滑らないようになっています。

 

こちらは以前から使っていた300円ぐらいの安いハサミ。一応PE対応ですが・・・
f:id:sushi1:20190118214523j:image

試しにPEラインを切ってみますと
f:id:sushi1:20190118214518j:image

こんな感じに刃の間にラインが挟まって、潰れてしまい切ることができません。
f:id:sushi1:20190118214527j:image

ラインにテンションを掛けてやれば切れるのですが、手が濡れていたりグローブなどをしているとラインが滑ってしまい少々やりづらかったりします。

 

しかし、

f:id:sushi1:20190117221239j:image

このハサミだと、こんな感じで切っても面白いようにスパスパ切れます。

f:id:sushi1:20190117222028j:image

切り口もヒゲが出ることもなくキレイです。 

 

先丸の方は落下防止のヒモも取り付けられるので現場に持っていく用で使いたいと思います。

先端が丸いので、そのままポケットの中に入れておいても穴が開きにくいだろうし。

先突の方は家で使おうと思います。

グリップも大きくて、手の大きな自分にも使いやすくて気に入りました。

少し高いですが、釣具屋さんの話ではかなりハードに使ってもなかなか切れ味が落ちないのでオススメだそうですよ。

20190113名古屋港ボートシーバス・ロックフィッシュ

名古屋港でボートシーバス・ロックフィッシュをやってきました。

ボートはフライでのガイドに実績のある名康丸さんにお願いしました。

8時に船を出し、まずはロックフィッシュを狙い10分ほど船を走らせます。

ここでやってみましょうって事で、第一投目、いきなり20cmぐらいのカサゴが釣れました。その後も、2・3投すればアタリがありいい感じで釣れます。

しばらくしてシーバスを狙いに行ってみましょうって事で、場所移動。

しかし、シーバスは不発。四日市の方まで足を伸ばしましたが、型が小さいのかアタリはあるもののほとんどフッキングしません。

そこで、終了時間も近づいてきたので最後にロックフィッシュを狙いに。

そこでも、一投目からアタリが有り尺近いカサゴを釣り上げました。

しかし、その後が続かず終了に・・・

船着き場に着き生け簀から魚を出すと、40匹ぐらいのメバルカサゴが。

あまりに小さいのはその場でリリースしていますので、3人でおそらく60匹ぐらいは釣れたんではないでしょうか。

サイズはそこまで大きくはなかったものの、数が釣れ満足な釣行となりました。

20190103檄シブ半田港ヒイカ

釣具のイシグロの初売りに行って、ライトエギング福袋をゲットしました。

入っていたのは

ルミカの集魚灯VOLTブルーヤマシタの1.5号のエギが5個、オッパイスッテが1個、アシストリグリーダーが一個。

 そこで、夜に半田港にヒイカ釣りに行ってきました。

到着したのが夜中の3時ぐらい。車が何台か止まっていて釣りをしている人もちらほらいます。

準備して釣りを始めしばらくすると、一台、また一台と次々に車が帰って行きます。

最後は自分ともう一台ワンボックスが残っているだけに・・・

これは、すでに時合が終わってみんな帰って行ったのかなと少し不安になります。

風もあまりなく波も穏やかなのですが、魚のいる気配もまるで感じられません。

以前来た時は、水銀灯の辺りを覗き込むと小魚が泳いでいたり、沖の方でセイゴが飛び跳ねたりと何かしら生き物のいる気配がしましたが、今日はそれらも全くありません。

集魚灯を海中の投げ込むとプランクトンや小魚が集まってくるのを期待していたのですが、しばらく時間がたっても何も変化がなくまるで海の生き物がいなくなってしまったかの様。

結局、明け方まで何もなく納竿。

ほんと、どこに行ったら釣れるんだろ・・・

20181221 天竜川ルアーフライエリア

金曜日に休みを取る事が出来たので、久々にフライフィッシングをやりたいなと言う事で、ほぼ2年ぶりに天竜川のルアーフライエリアに行ってきました。

久々の天竜川ですが、浜北インターを降りてとりあえず遊漁券を買おうと、いつも行ってたサークルK(今はファミマかな?)に行こうとしたのですが通り過ぎてしまいました。

そこで天竜川漁協のホームページで調べて途中のローソンで買いました。しかしこんな所にローソンなんかあったっけ?

もう少し進むとセブンイレブンもあります。しばらく来ないうちに何かいろいろ変わっているみたいです。

セブンイレブンから車で10分ほど走ると目指していた雲名橋に到着。

ここは、河原まで車で降りられるので大変便利。

 ここではダブルハンドロッドを準備し、雲名橋下流の瀬を流していきました。

8時を過ぎて少し日が出て暖かくなると、小さなユスリカみたいな虫が飛び回って顔にピチピチ当たります。時折、ライズも起きて釣れそうな予感もします。

しかし、残念ながら小さいアタリは何回かあるものの、12時までやっても魚が出る事はありませんでした。

そこで、中島まで少し移動。

上から覗いて見るとルアーマンが7人ぐらい両岸から釣りをしています。

しばらく見ていましたがあまり釣れている様子はありません。

しかし、雲名よりは魚影は濃いとの情報だったので、空いたスペースに入ってみます。

ここではシングルの#6で雲名の時と同じ#14のウェットフライをキャストします。

しかし、ここではかすりもせず、終了に・・・

ふと、ある事を思い出して天竜川漁協に電話をします。

どうやら、漁協でニジマスが買えるらしいのです。

土日は予約がいるらしいのですが、平日なら直接行っても大丈夫だとのこと。

1kg1200円から購入できるそうです。ちなみに1kgだと小ぶりなニジマスだと6匹ぐらい、大ぶりだと3匹ぐらいになるみたい。自分は大小混ぜて5匹入ってました。

 本当は釣ったのを持ち帰りたい所ですが、中島~鮎釣の間はC&Rになっているし手ぶらで帰るのもなんだかな~って時はお土産に丁度いいのではないでしょうか。

釣りをする奴はみんな持っとけ 第一精工 糸クズワインダー

釣りをする人なら、切ったラインの糸クズをポケットの中に入れようとしても、なかなか入らずにポロッと地面に落ちて風に吹かれて飛んでったって事ありますよね?

そんなとき便利なのが、第一精工の糸クズワインダー。

f:id:sushi1:20181030161011j:plain

ラインの切れっ端を2カ所あるスリットに差し込んで

f:id:sushi1:20181030161156j:plain

ワインダーをクルクル回すだけでラインの切れっ端を回収してくれます。

f:id:sushi1:20181030161300j:plain

回収したラインはワインダーを開けて、そのままゴミ箱へポイッと

f:id:sushi1:20181030161422j:plain

僕は、ピンオンリールでライフジャケットに付けています。

f:id:sushi1:20181030162053j:plain